【稼げる】夏競馬の特徴は?狙い方と考え方はこれだけ!

スポンサーリンク
カズ馬
カズ馬

どうも!カズ馬です!今回は荒れる夏競馬の特徴と解説をし、勝つ為にどうすれば良いかを記事にしました!

 

夏競馬は本当に荒れる!あんな人気薄の馬がくるから今日も負けてしまった、、、

 

夏競馬の狙い方が分かれば勝てるかも知れないな、、、

 

お任せ下さい!夏競馬の特徴を理解すれば、予想が大きく変わり、的中率アップと回収率アップが可能です!!

 

そんなに簡単にいくんですか?本当に勝てなくて困ってるんですよ、、、

 

大丈夫です(笑)勝ててる人とは着眼点が違いますから。シンプルに伝えていきますので最後までお付き合いを!

 

スポンサーリンク

まずは夏競馬の特徴を知るべし!!

 

夏競馬の特徴は以下です。

 

  1. 暑い時期に行われる
  2. 梅雨時期でもあり馬場が悪化傾向
  3. ローカル競馬場でのレースしかない
  4. 重賞が低レベルなレース
  5. 3歳馬と古馬の混合戦が開始
  6. 新馬戦も始まる

 

この5つの特徴により、荒れる訳です。

これぐらいは知ってるよ!

知ってる=理解しているは全く別ですよ(笑)知ってるだけで良いなら皆勝てます(笑)

 

次に特徴をひとつずつ解説していきます。

暑い時期は、人間も馬も同じで肉体的にも精神的にもきつい!

 

馬だって人間と同じ動物です。

カズ馬
カズ馬

私は暑いのは本当に駄目。やる気も無くなって食欲も失せてしまいます、、、

 

馬も同様の現象が起こる場合は少なくありません。暑い時期に耐性の有無がある事を知っておきましょう!

 

で、

私がめちゃくちゃ夏競馬で気にするのは

ローテーション。

特に中1週、連闘は駄目。理由は単純。

暑く厳しい夏の環境。

短い期間で体力は回復しない。

する訳がない。

疑うなら連闘や中1週馬を追いかけて見て下さい。全く馬券になりませんから。

ただし、長期休養明けで絞りきれてなかった場合の叩き2走目での中1週など感覚が短いのは問題ありません。

 

梅雨時期による馬場悪化が影響を及ぼす!

 

梅雨時期でもありますから雨によって馬場コンディションは悪くなりがちです。

馬場状態によって有利な展開、枠、能力は全く異なります。

馬場を読み、理解することは夏競馬に限らず通年で重要です。

カズ馬
カズ馬

馬場が悪化する=主流血統であるサンデー系以外が浮上してくるのがヒントです!

 

ローカル競馬場でのレースは中央と別物??

 

小倉、福島、新潟、函館、札幌、中京

これらのコースで夏競馬は行われますが競馬場の特徴を理解出来ていなければ有力馬は見つけ出せません。

簡単に解説しておくと、、、

 

小倉競馬場は

  • 直線が短い
  • 小回り
  • ゴール前の坂は無いが道中は坂あり

中央で中山実績、阪神内回りで実績がある馬は狙い目。

覚えておくのは道中は登り坂、最終コーナー前から下り坂がある事。平坦コースではない。

ちなみに1200mなら登りは無し。緩やかに下ってのスパイラルカーブで完全に前が有利。

(スパイラルカーブ=コーナー進入時は減速せずに入り、コーナー出口で角度が付き、外に膨らみやすい)

 

福島競馬場は

  • 直線が短い
  • 小回り
  • 急坂は無い
  • エクイターフ(野芝)

中央で中山実績、阪神内回りで実績がある馬は狙い目。

 

中京競馬場は

  • 直線が長い
  • スパイラルカーブ
  • 最後の直線で急坂あり

中京競馬場は全競馬場の中でも非常にタフなレースになりやすい。

パワー、スタミナを要求され、直線が長いが追い込み、外差しは決まりにくい。

最終コーナーでインをついてロスなく前で運べる持続力タイプを狙う。

 

新潟競馬場は

  • 平坦コース
  • 左回り
  • 直線がかなり長い
  • 野芝100%で開催が進むと内が駄目

左回り=中京、東京とは別物。

坂が無く、中京のようなスパイラルカーブも無し。東京実績、中京実績をあてにすると痛い目にあう。

 

函館競馬場は

  • 直線が短い(最短)
  • 小回り(スパイラルカーブ)
  • 洋芝100%

時計が掛かりやすい芝。開催時期が進むと更に荒れて非常にタフになる。

直線が短いので、前が圧倒的に有利。早仕掛けからのロングスパート戦になるので持久力重視。

 

札幌競馬場は

  • 直線が短い
  • カーブの角度が緩い
  • 洋芝100%
  • 水捌けが良く道悪になりにくい

基本的にはカーブが減速しにくい造りなので前が有利。ただ、早仕掛けの捲りは決まる事が多いので注意。

 

カズ馬
カズ馬

様々な特徴ですが簡潔にしてます。この特徴を考慮して適性の有無を考えれば的中に近づきます。

 

夏競馬はトップホース達の休養期間!

 

夏競馬にG1はありません。

トップホースが出てこないので、実力が拮抗する訳です。

人気馬だって能力に大差が無いので普通に負けます。

カズ馬
カズ馬

差がないならオッズ妙味が活きてきますね。

 

3歳馬VS古馬の戦い!

 

この時期から3歳馬と古馬との混合戦が始まります。

3歳馬は必ず軽斤量になるのでかなり古馬と比べて有利な条件になります。

なので、3歳馬で重賞で健闘したぐらいでも斤量差を狙って驚く程人気します。

気を付けるのは

暑い時期である事

最初に記載したように夏競馬は

ローテーションも重要なのですが3歳馬は更に重要です。身体も精神も出来上がっていない馬が多く、短い間隔で使われているのは危険です。

かなりの確率で凡走します。

きちっと、そのレースを狙って準備してきてるな、、、と思わせる馬を狙いましょう!!斤量差は大きな武器は武器。

カズ馬
カズ馬

3歳馬はレース間隔や当日の馬体重を見ておけばOkです。

新馬戦が始まる!!

 

すみません。新馬戦は私は

一切買わないので、、、

調教と血統しか情報が無い中、予想する事が出来ないので。

オススメは手を出すな。です。

 

まとめ!

 

暑い時期に行われる

→ローテーション注意

 

梅雨時期でもあり馬場が悪化傾向

→馬場悪化はサンデー系以外が狙い目でタフなレースに適性がある馬を狙う

 

ローカル競馬場でのレースしかない

→それぞれ特徴がはっきりしている。特徴を把握するべし。コース実績は信頼度アップ。

 

重賞が低レベルなレース

→人気馬も大した事が無い。波乱想定し適性は読んで行くべし。

 

3歳馬と古馬の混合戦が開始

→3歳馬は斤量の恩恵大。しっかりと狙ってきている馬を狙う。

 

新馬戦も始まる

→手を出さない。

 

カズ馬
カズ馬

以上、夏競馬の特徴と勝つ為の考え方でした!!

特に重要なのはどれでしょうか??

間違いなく競馬場の特徴ですね。ここを理解してないと見当違いな馬をピックアップしてしまうでしょうから!!

 

カズ馬
カズ馬

皆さんが夏競馬で勝てるよう参考にしてみて下さいね!

 

では、また次の記事でお会いしましょう!さよなら!!

[temp id=2