宝塚記念2021 展開はスローペース!あの馬が浮上!

スポンサーリンク

どうも!!カズ馬です!!

今回は宝塚記念の予想Part2🐴

展開から穴馬、有力馬の判断が可能で狙ってみたい馬が浮上してきました🤔

 

前回の記事と合わせて参考にどうぞ🤗

前回記事はこちら↓

 

では、中身に入っていきましょう!

 

スポンサーリンク

結論!!展開はスローペース濃厚!!

 

下級クラスで無くG1レースですが、展開はスローペースの見解です。

理由としては

■少頭数であること

■週末は雨予報で馬場が恐らく稍重〜重が濃厚であること

■テンから飛ばして行く超逃げ馬の不在

 

この3つから展開はスローペースの見解となりました🤔ミドルだとしても1:00.0程度に落ち着くはずです🧐

中でも少頭数時は

2019年12頭立て(良馬場) 前半5F1:00.0

(良馬場であり、稍重ならもっと遅い)

2017年11頭立て(稍重)  前半5F1:00.6

2014年12頭立て(良馬場) 前半5F1:02.4

2013年11頭立て(良馬場) 前半5F0:58.5

(良馬場で先行馬多く先行激化)

 

前半5Fが1:00.0〜1:02.0が濃厚。

もし、1:02.0台後半になろうものなら

逃げ、先行馬が非常に有利になります。

 

穴馬でピックアップしたのが、、、

 

ユニコーンライオン

 

1枠1番を引き、逃げには最適の枠を引きましたね🤔

ユニコーンライオンを推奨する理由は逃げ馬だからだけではありません🧐

ユニコーンライオンは

ダートもこなせる馬力とタフさを兼ね備えている事が大きなプラス材料😳

レイパパレは恐らく控える形で2番手追走。ゲートが前走もイマイチだったので最悪の事も想定しておきます。

 

スポンサーリンク

 

 

確実に上がりが掛かる舞台!!この舞台に適性がある馬を狙え!

 

過去を遡っても上がり3Fは35.0〜36.0秒前後の超消耗戦ばかり。

内回りコースで最終コーナーの手前から早めに仕掛けるロングスパート戦になるので、最後は確実に上がりが掛かる。

で、梅雨時期で馬場も悪い時期。

当然の理です🤔

 

上がり掛かる消耗戦に強いのが間違いなく

 

クロノジェネシス

 

有馬記念(良)   ラスト3F36.2 1着

宝塚記念(稍重)  ラスト3F36.3 1着

京都記念(重)   ラスト3F35.8 1着

秋華賞(稍重)   ラスト3F36.1 1着

 

上がりが掛かる消耗戦レースでは常に上がり最速か2位を繰り出して勝っています😅

逆に速い上がりを求められる舞台は絶好ではなく、

天皇賞(秋)やエリザベス女王杯、桜花賞などは全て取りこぼしや力を出し切れてません。

昨年の宝塚記念の圧勝はフロックでは無く、今年もこの舞台では期待を裏切る事は想定できませんね😭

 

更に

カレンブーケドール

当馬も切れ味に欠けるタイプ。

しぶとく長い脚を使えるタイプで似た馬がステイフーリッシュ。瞬発力勝負になる舞台よりも、消耗戦の方が確実に合う。

前走の天皇賞(春)は牝馬が身体の構造上圧倒的に不利な長距離と初めての長距離でありながら3着に好走。しかも勝ちに行く為に早めに仕掛け先頭に立ち、差されたものの、非常に評価できる内容。

適距離に戻り、得意の馬場とコースなら馬券内は有力でしょう。

 

他には

モズベッロ

この馬も他馬がパフォーマンスを落とす馬場と展開を味方にするタイプ。

大阪杯も展開と馬場が味方しました。

ただし、

不良馬場の中山2200mのAJCCでの5着や阪神2200mで行われた京都記念8着など

道悪が得意、2200mが得意と決め付けるには少し不安要素が多い。

また、出遅れ癖もあり、ひょっこりと3着に入る可能性はあるものの信頼度は低いと判断します🧐

スポンサーリンク

 

調教激推しアリストテレス!!

 

調教で上昇度が高いのがアリストテレス

ルメール騎手がコメントしているように長距離は長い。

菊花賞で長距離が強いとイメージを植え付けられてしまってますが、本来は中距離に適性があります。

2200mでは2-1-0-0

道悪は阪神大賞典で凡走してますが、馬場というよりも掛かってしまった事と距離が長かった事が原因。

AJCCの泥んこ不良馬場で勝っており血統的にも道悪が駄目とは思えない。

上昇気配からの一発に期待します。

 

無敗馬レイパパレへの決断!!

 

無敗馬レイパパレ。

大阪杯では異次元の走りでコントレイル、グランアレグリアを一蹴。

阪神功者、道悪、内枠と好条件が揃いましたね。

ですが、今回はレイパパレを

評価しません!!

前走の大阪杯は冷静に振り返ると、、、

グランアレグリアは、そもそも2000mが合っておらず、道悪も確実にパフォーマンスを下げていた。

コントレイルも道悪が駄目。+16kgと明らかに太い。

明らかに他馬よりは適性は高かった。

ハイペースの逃げなので、レイパパレが不利と思われがちですが、それを早めに捕まえに行った馬達がバテてしまう馬場。

 

今回のタフな馬場とコースは引き続き悪くは無いですが、、、今回は内回りコース。初めての2200m。

更に今回はユニコーンライオンが隣におり、楽に逃げさせてはくれません。

恐らく控える形になると思いますが、先行してしぶとく長い脚を使える馬にはカレンブーケドールやアリストテレスもぃすからね。

調教も違和感を感じる調整だけに、ここは思い切って消しでも良いかも知れませんね🤔

 

という訳で、まとめに入ります!!

 

不動◎クロノジェネシス

悲願○カレンブーケドール

復活▲アリストテレス

一撃△ユニコーンライオン

再度△モズベッロ

 

勝つのは◎○▲

△は3着限定で。

 

最後までご覧頂きありがとうございました🤗参考にして頂き馬券的中のお役に立てれば幸いです🤭

次の記事でお会いしましょう!!

ではまた!!

ブログランキング参加中です😳

皆様の応援が励みになります😭

ポチッと応援お願い致します🙏

PVアクセスランキング にほんブログ村


中央競馬ランキング