宝塚記念2021 予想と狙い目は単純にこれ!

スポンサーリンク

どうも!カズ馬です!

今週は宝塚記念!!

上半期のグランプリG1ですね!辞退や故障で若干面子は寂しいですが楽しみな1戦です🐴

 

先週のマーメイドSは馬券は外してしまいましたが推奨の10番人気シャムロックヒルが1着😳まさか勝つ程までとは😅

 

今週も引き続き皆様のお役に立てるよう穴馬をピックアップしていきます🤔

では予想にいってみましょう!!

 

スポンサーリンク

まずはコース形態の確認!

※JRA参照

阪神・芝2200メートル(内回り)

ホームストレッチのポケットからスタートし、1コーナーに向かっていくレイアウト。1コーナーまでは約550m。直線半ばで1回目の急坂を上る。1コーナーから2コーナー、バックストレッチまではほぼ平坦で、3コーナーの途中から4コーナー、直線の半ばまで緩やかに下っていく。直線距離は359m。ゴール前(残り約190mから70m付近)に2回目の急な上り坂が待ち受ける。終始息が入りづらく、脚をためにくいコース構造。ジャパンカップやクラシックレースとは異なる距離でタフな馬場になることも多く、馬力を競うレースになりやすい。独特の能力がここで開花し、宝塚記念でGⅠ初タイトルを獲得するケースも多い。

 

ポイントは

■阪神内回りコースで直線が短く基本は前が有利。

■最終コーナー手前から緩やかに下っていき、ロングスパート戦になりやすい

■非根幹距離でタフなレース

■特殊なコースであり、能力が足りなくても適性があれば好走のチャンスはある

 

最終コーナーの位置取りに着目せよ!

 

宝塚記念は自分から仕掛けていける馬が好走しやすいレース。

昨年の覇者クロノジェネシスが良い例で最終コーナーでは一気に先頭に立って、そのまま6馬身差の圧勝でした。

過去5年で拾っていくと、、、

2016年

1着 マリアライト 11-11-10-6-1

2着 ドゥラメンテ 13-13-10-9-2

3着 キタサンブラック 1-1-1-1-3

 

2017年

1着 サトノクラウン 7-6-6-6-1

2着 ゴールドアクター 6-6-6-9-2

3着 ミッキークイーン 9-9-9-9-3

 

2018年

1着 ミッキーロケット 7-5-3-2-1

2着 ワーザー     12-14-13-13-2

3着 ノーブルマーズ  10-9-7-7-3

 

2019年

1着 リスグラシュー  2-2-2-2-1

2着 キセキ      1-1-1-1-2

3着スワーヴリチャード 4-4-3-3-3

 

2020年

1着 クロノジェネシス 7-8-7-1-1

2着 キセキ      14-13-8-2-2

3着 モズベッロ    12-11-11-8-3

 

最終コーナー9番手以降で馬券になったのは外国馬のワーザーのみ。

いかに早めに押し上げて行けるかが非常に重要です🧐

 

これは阪神内回りコース特有の直線の短さによるものと言えます。

仕掛けが遅いと瞬発力が高くても、届かなくなってしまう訳ですね。

 

現段階で

自分で仕掛けて行って成績が良い馬は

 

アリストテレス

これまで全て最終コーナー7番手以内。

カレンブーケドール

キャリア15戦の内、全て最終コーナー8番手以内。

 

クロノジェネシス

キャリア14戦中13戦で最終コーナー9番手以内。内1回は出遅れからの後方策なので全てと言える。

 

モズベッロ

脚質にムラがあり評価しづらい馬ですが好走時は最終コーナー9番手以内にかなり来てます。

内回りコースなので当然早めに仕掛ける為、好走時に多い9番手以内に来やすいと思われる。

 

レイパパレ

6戦全て7番手以内。

ほぼ2番手追走か逃げ。

ここも同様の脚質に期待できる。

 

逆に後方策ばかりの馬や後方策からの良成績が多い馬は完全に消し。

該当馬は、、、

■カデナ

■ミスマンマミーア

 

馬場コンディションは当時は稍重〜重が濃厚!!

 

土日は本降りまでは行かないものの雨予報。宝塚記念は梅雨時期で馬場が稍重ばかり。

稍重〜重の道悪実績の有無は

非常に重要な要素。

過去5年では道悪実績100%の馬が当日も好走した例が多い。

 

道悪実績、適性が高い馬は、

 

クロノジェネシス

血統がそもそもバゴ産駒。母系はクロフネ。

当然パワーがあるので道悪は走る。

道悪実績は驚異の4-0-0-0

勝率100%と当然と言えば当然。

 

タフな血統背景で

昨年の6馬身差の圧勝がすでに証明しており、この馬よりこの舞台が向いてる馬は居ない。

 

カレンブーケドール

道悪実績は驚異の0-4-0-0

全て2着とシルバーコレクターの異名は伊達じゃない。

この馬は切れ味が足りないものの、スピードの持続力に長けているタイプなので宝塚記念はバッチリ合うと思います。

 

モズベッロ

前走の大阪杯は重馬場で2着。

昨年の宝塚記念は稍重で3着。

道悪適性は高めだと言えそう。

中京2200m重馬場も1勝クラス時とは言え、完勝しておりタフなコンディションとレースには適性がある。

ムラがある成績だけに過度な信頼は置けませんし、今回は人気するので危険かも知れません。

 

スポンサーリンク

 

宝塚記念は2200m実績馬に注意が必要!

 

過去、穴を開けた

マリアライトやサトノクラウンは非根幹距離実績が長けてました。

今回は人気どころの

クロノジェネシス、カレンブーケドールは共に経験、実績に長けてます。

 

人気薄とまでは行きませんが怖い存在なのがキセキ。

2年連続好走してますから当然この距離適性は高いです。

2200mの成績は0-2-1-1

 

6連勝中のレイパパレも道悪は

2戦2勝。前走の圧勝は明らかに適性。母系はクロフネ系と馬場は得意。

距離がどこまで行けるのかは疑問ですが、道悪なら買い、良なら控えめに。

まとめ!!

 

クロノジェネシス

レイパパレ

カレンブーケドール

この3頭が上位。

 

中でも道悪の適性面から

どちらも圧勝した

クロノジェネシスとレイパパレ。

 

牝馬が夏場は強い事を考えると、、、

この2頭は固そうです。

相手に

カレンブーケドール

キセキ

アリストテレス

 

これぐらいしか買えなさそうです😭

後はオッズとの相談で。

枠は内を引いた馬を評価したいと思います。特にレイパパレ、カレンブーケドール。

今回は以上となります。

今年は固めの決着で大荒れは皆無。

また次の記事でお会いしましょう!

では、また!!

 

ブログランキング参加中です😳

皆様の応援が励みになります😭

ポチッと応援お願い致します🙏

PVアクセスランキング にほんブログ村


中央競馬ランキング