2021年 安田記念データ分析!ラップタイムと展開から有力馬は割り出す!

スポンサーリンク

どうも!カズ馬です!

今週は安田記念🐴

G1連続開催も大詰めですね😄

先週のダービーは

◎エフフォーリア→2着
○ステラヴェローチェ→3着
▲グレートマジシャン→4着

とまずまずの結果に。

推奨の○からワイドでしたが

◎ー○で的中!!10倍をゲット!!

シャフリヤールは距離が長い見解でしたが福永騎手の外差しが決まる馬場と追い出しが絶妙な天晴騎乗!!

人気も落ちていたので逆に狙い目でしたね😅回収率はしっかりプラスでしたので良しとしましょう🤔

今週も穴を見逃さずしっかり的中を目指しますので、是非最後までお付き合いくださいませ!!

では、いってみましょう!!

 

スポンサーリンク

まずはコース解説から!

東京・芝1600メートル  ※JRA参照

2コーナーにあるスタート地点から、3コーナーに真っすぐ向かっていくレイアウト。向正面半ばに上りがあり、そこから3コーナーにかけて下っていく。最後の直線は525.9メートル。直線に向いてすぐに約160メートルの上り(高低差2.0メートル)があり、その後300メートルはほぼ平坦。前半が速くなりやすく、坂を上った後にゴール前でもう一段末脚を伸ばすことが要求される。速い時計の決着になると、スプリンタータイプや、インを回ってくる馬が好走しやすく、逆に時計がかかるときには、末脚のしっかりしたタイプ、中距離型が好走しやすい。

速い決着=テンから道中も速い流れ。

今年はどうでしょうか?

メンバーを見る限り逃げ馬らしい逃げ馬も不在でトーラスジェミニ程度です。

ミドルペースぐらいに落ち着き、直線の瞬発力勝負になりそうですね🤔

馬場も変わらず高速馬場でしょう。

※少し高速よりの良馬場で!

 

過去のラップを確認!!

 

2020年 良馬場

200m400m600m800m1000m
0.12.1
(0.12.1)
0.23.0
(0.10.9)
0.34.2
(0.11.2)
0.45.7
(0.11.5)
0.57.3
(0.11.6)
1200m1400m1600m
1.08.7
(0.11.4)
1.19.7
(0.11.0)
1.31.6
(0.11.9)

ペース判定: ミドルペース

2019年 良馬場
200m400m600m800m1000m
0.12.2
(0.12.2)
0.23.1
(0.10.9)
0.34.5
(0.11.4)
0.45.8
(0.11.3)
0.57.0
(0.11.2)
1200m1400m1600m
1.08.1
(0.11.1)
1.19.3
(0.11.2)
1.30.9
(0.11.6)

ペース判定: ミドルペース

2018年
200m400m600m800m1000m
0.12.2
(0.12.2)
0.23.0
(0.10.8)
0.34.2
(0.11.2)
0.45.5
(0.11.3)
0.56.8
(0.11.3)
1200m1400m1600m
1.08.2
(0.11.4)
1.19.6
(0.11.4)
1.31.3
(0.11.7)

ペース判定: ミドルペース

2017年
200m400m600m800m1000m
0.12.2
(0.12.2)
0.22.8
(0.10.6)
0.33.9
(0.11.1)
0.45.5
(0.11.6)
0.57.1
(0.11.6)
1200m1400m1600m
1.08.1
(0.11.0)
1.19.4
(0.11.3)
1.31.5
(0.12.1)

ペース判定: ミドルペース

2016年
200m400m600m800m1000m
0.12.3
(0.12.3)
0.23.3
(0.11.0)
0.35.0
(0.11.7)
0.47.0
(0.12.0)
0.59.1
(0.12.1)
1200m1400m1600m
1.10.4
(0.11.3)
1.21.3
(0.10.9)
1.33.0
(0.11.7)

ペース判定: スローペース

2016年はメンバーが低調の構成。
基本的には早めのミドルペースで前半5Fは57秒付近に収まってます。
勝ち時計は1:31.0前後。
テンから道中緩まず、最後の直線も速い流れのまま押し切る持続力が必要です。
キーワードは
テン+道中+終い

 

スポンサーリンク

 

好走馬の最終コーナーの位置取りから読み取る!!

 

過去5年の3着内馬の最終コーナーの位置取りを見ていきます🤔

 

2020年

17枠11番
グランアレグリア3人気 12.0倍
牝4 鹿毛 492kg(+6)
池添謙一(56.0)藤沢和雄[東]
  ⑧⑦-① 差し1:31.6 (33.7)

2着■4枠5番2 1/2
アーモンドアイ1人気 1.3倍
ルメール(56.0)国枝栄[東]
  ⑪⑪-② 追込1:32.0 (33.9)

3着■4枠6番1/2
インディチャンプ2人気 7.0倍
牡5 鹿毛 480kg(+4)
福永祐一(58.0)音無秀孝[西]
  ⑨⑦-③ 差し1:32.1 (34.1)

2019年

13枠5番
インディチャンプ4人気 19.2
牡4 鹿毛 470kg(±0)
福永祐一(58.0)音無秀孝[西]
  ④⑤-① 差し1:30.9 (32.9)

21枠2番クビ
アエロリット3人気 12.5
牝5 芦毛 516kg(+4)
戸崎圭太(56.0)菊沢隆徳[東]
  ①①-② 逃げ1:30.9 (33.9)

37枠14番ハナ
アーモンドアイ1人気 1.7
牝4 鹿毛 484kg
ルメール(56.0)国枝栄[東]
  ⑪⑨-③ 差し1:30.9 (32.4)

 

2018年

15枠10番
モズアスコット9人気 15.7
牡4 栗毛 482kg(-6)
ルメール(58.0)矢作芳人[西]
  ⑪⑫-① 追込1:31.3 (33.3)

22枠4番クビ
アエロリット5人気 10.7
牝4 芦毛 502kg(-2)
戸崎圭太(56.0)菊沢隆徳[東]
  ③③-② 先行1:31.3 (34.0)

31枠1番3/4
スワーヴリチャード1人気 2.8
牡4 栗毛 506kg(-10)
M.デム(58.0)庄野靖志[西]
  ⑤⑤-③ 差し1:31.4 (33.9)

 

2017年

17枠14番
サトノアラジン7人気 12.4
牡6 鹿毛 528kg(+4)
川田将雅(58.0)池江泰寿[西]
  ⑭⑮-① 追込1:31.5 (33.5)

28枠16番クビ
ロゴタイプ8人気 14.6
牡7 黒鹿 494kg(-4)
田辺裕信(58.0)田中剛[東]
  ①①-② 逃げ1:31.5 (34.4)

33枠6番クビ
レッドファルクス3人気 7.9
牡6 芦毛 474kg(±0)
M.デム(58.0)尾関知人[東]
  ⑭⑬-③ 追込1:31.6 (33.7)

2016年

15枠6番
ロゴタイプ8人気 36.9
牡6 黒鹿 496kg(-2)
田辺裕信(58.0)田中剛[東]
  ①①-① 逃げ1:33.0 (33.9)

26枠8番1 1/4
モーリス1人気 1.7
牡5 鹿毛 514kg(-4)
ベリー(58.0)堀宣行[東]
  ②②-② 先行1:33.2 (34.0)

37枠10番ハナ
フィエロ6人気 29.5
牡7 青鹿 500kg(-8)
内田博幸(58.0)藤原英昭[西]
  ⑨⑨-③ 追込1:33.2 (33.5)

 

勝つのはほぼ、差し、追い込み。

 

有力馬チェック!!

 

グランアレグリア!!
現役最強マイラー。
1600m戦では右に出るものは居ないのは誰もがご存知。
心配されているのがローテーション。
大阪杯、ヴィクトリアマイル、安田記念と間隔が詰まり過ぎでは無いか?という問題ですね。
ヴィクトリアマイルは楽に勝ち切りダメージが少ないから安田記念も。という陣営の意図ですが、これは昨年のアーモンドアイも同じだったんですよね。
この時も陣営はダメージが無いので。と出走させるもグランアレグリアに完敗でした。また、いつもの弾ける末脚は不発に終わりましたからね。
正直能力だけでは簡単に決まらないのが競馬だと考えてますので、グランアレグリアは適性バッチリの舞台ですが、通用して欲しくないのが正直な気持ち。
パフォーマンスは落とす!普通に考えれば。で、相手は今回甘くない。
2着、3着は濃厚も、最悪は着外も想定します。
インディチャンプ!!
こちらも現役最強クラスのマイラー。

 

不安視されているのがローテーション。

 

1400m、1400m、1200mと短い距離を使ってきたのが凶になるのでは?という疑問ですね。

 

昨年の勝ち馬グランアレグリアは、ほぼ同様のローテーションで勝ちました。

 

1200mのスプリント戦で速い流れを経験する事は悪い事では無いと考えます。

 

安田記念はテンから道中が確実に速い流れになります。これは高松宮のラップと類似するので、むしろプラスに働くと考えます。

 

また、6歳で衰えが、、、と言われてますが、衰えて初の1200m戦、しかもG1で3着に入れる訳がありません。

 

伸びない内をついて辛い競馬をしたのはインディチャンプだと思うので本当に強い内容だったと思いますから、この舞台で適性が最上位のインディチャンプを自信を持って推したい。

 

カテドラル!!
近2走で一気にパフォーマンスを上げてきていますね。
この馬はハーツクライ産駒で2回目の成長期に入ったと見て良いと思います。
終いは確実に伸ばしてくるので、この舞台なら怖い1頭では無いでしょうか?
NHKマイル3着の実績もあり、頭までは流石に厳しいながらも2,3着なら期待できる面白い存在です。
※調教も抜群の動き。
ケイデンスコール!!
この馬は2歳3歳の一線級で好走してきた素質馬。早熟疑いもありましたが、近走は覚醒。
母系にハーツクライが入っており、まだまだ衰えは無さそう。
なにより、先行させる事が出来てから変わり身が出て復活劇を果たしたのですが、前走のマイラーズカップでは、またも差しに切り替えたにも関わらず、勝っています。
出来なかった事が出来るようになった時は成長期、状態が良い証拠ですから、メンバーは強化されますが、勝ち負け必須だと思います🧐

思い切って消し評価!!!

 

サリオス!!
近走はチグハグな競馬と馬場が向かない事により活躍できていません。
ただ、この舞台は実績もあるとは言いつつ、適性があるとは考えにくい。
何より過剰に人気します。
大阪杯からのローテーションはマイナスで流れが全く違いますし、この馬はどこを目指しているのかが不透明。
そんなチグハグな考えで通用する舞台では無いですから、バサッと捨てます。

 

スポンサーリンク

 

ダノンプレミアム!!
主戦の川田騎手がこれに乗らない。
これに乗らずダノンキングリーに乗る。
安田記念には縁が無く、不利を受けたりローテーションが悪かったり。
にしても負け過ぎ。
適性が低いと判断してます。
2歳時はこの舞台で好走してますが、流れも相手も時計も全く違いますから。

 

ベストは2000m辺りで、ここでは無い。
バッサリ切ります。これならダノンキングリーの方が妙味ありなのでダノンキングリーを推奨。
シュネルマイスター!!
NHKマイル勝ち馬で、前走の時計も素晴らしかったですね。
リアルインパクトがNHKマイルから安田記念のローテーションで勝ってますが普通に考えて3歳馬でこのローテーションは厳しい。
いくら斤量が恵まれるとは言え、今年は歴代でも最強のグランアレグリアとインディチャンプが居ますし骨っぽいメンバーも揃いました。
ここは思い出作ってもらって出直しで。
バッサリ切り捨てます。
カラテ!!
この連勝は納得の状態だったので、ダービー卿も出てきて欲しかったですが、爪の問題でブッつけがマイナス。
明らかに前走以下に出来が落ちてます。
その状態ではここでは通用しません。
バッサリ切ります。
ラウダシオン!!
ベストは1400m
そのベストの距離で前走は久々に重賞勝ちを決めましたが内容が悪い。
2着のトゥラヴェスーラ程度にあわや差されそうでした。最後は失速しており1200m,1400m までというのが垣間見えました。
NHKマイル勝ち馬ですが、この年は低調なメンバー。
東京コースは3-1-0-0と連対率100%ながらも距離延長が引っ掛かる。
バッサリ捨てます。
スポンサーリンク

 

最終の印と買い目はこれ!

 

◎インディチャンプ

○グランアレグリア

▲カテドラル

△ダノンキングリー

△ケイデンスコール

 

この5頭以外は消し。

 

馬券は

ワイド◎—-▲△△ 3点

3連単フォーメーション

◎○ー◎○▲△ー◎○▲△ 24点

以上です!!

 

ここは絶対的人気馬が存在するレースであちこち買ってはいけないレース。

 

G1連続開催もクライマックス!!

有終の美を飾って参ります🧐🧐🧐

 

今回は以上となります。

最後までお付き合い頂きありがとう😂

また次の記事でお会いしましょう!

では、また!!

 

ブログランキング参加中です😳

皆様の応援が励みになります😭

ポチッと応援お願い致します🙏

PVアクセスランキング にほんブログ村


中央競馬ランキング