2021 オークス全頭考察と最終予想!結論はこれで!

スポンサーリンク

どうも!カズ馬です🐴

今回は前回の記事から

オークスの全頭考察、最終予想のまとめ記事となります😊

前回記事も良ければご覧くださいね🧐

では、考察結果をご覧下さい🤔

 

 

1枠1番  ククナ  ★★★☆☆

 

前回の記事でも注目馬として取り上げてました。

気になるのは馬体重。
新馬戦と桜花賞が同じ馬体重で成長度合いがイマイチ。
桜花賞は最後方ポツンで一か八かの追い込みになりましたが、レコード決着で、流石にあれでは届かないレース。

 

今回は最内枠ですが、行き脚が良くない馬なので道中は中団後方あたりという想定。ロス無く立ち回れ、折り合いも欠くタイプでは無い。
キンカメ+ディープの血統でクラシックで走れる血。母のクルミナルも現役時はオークス3着の実績。
3着程度になら買える人気。

 

1枠2番スルーセブンシーズ ★☆☆☆☆

 

全て中山競馬場での戦績。
ドリームジャーニー+クロフネで高速決着には向かない血統と推測します。
馬場が渋ってスタミナ勝負なら浮上。

 

1800m以上の経験があるのは好印象も重賞経験も無く、いきなりここでは厳しい

 

2枠3番 パープルレディー★☆☆☆☆

 

唯一オークスと同舞台を経験済み。そのゆりかもめ賞で勝っていますが勝ち時計は2:26.9と優秀とは言えない時計。オークスの想定走破時計は2:24.0〜2:25.0を想定しており2秒近くは詰めれない。

 

ほとんどがスローペースのレースばかりでG1はそこまでペースは落ちない為、ここでいきなりは通用しない。
馬体も増えておらず成長味に欠ける。
スポンサーリンク
2枠4番 タガノパッション ★★★☆☆

 

血統的には抑えたい馬。キンカメにロベルトの血が入ってます。
ただ、ローテーションだけが厳しい。
中2週は3歳牝馬にとって苦しいローテーションで、輸送ばかり。なのですが
調教は流す程度と思いきや、そこそこ追われており、馬体が充実しているかも。

 

キャリア4戦目で上積みは見込める。
ここ3戦全て出遅れており、スタートスムーズなら面白いかも知れない。

 

3枠5番 クールキャット ★★★★☆

 

前回記事の有力馬。
血統が魅力的で、距離延長でのパフォーマンスアップに期待。

 

戦績は安定してませんが、フェアリーSも、ちょっと理解出来ない展開だったり
フラワーCも出遅れたり、、、

 

スムーズなスタートと騎乗でようやく実力が発揮されたのがフローラS。
外枠不利のレースで先行して上がり3位を披露。
フローラSの勝ち馬はオークスに直結しやすく、過去5年なら複勝率60%と相性の良さは証明済み。

 

3枠6番 ウインアグライア ☆☆☆☆☆

 

ごめんなさい。評価ポイントが無しで。
前走は最後の直線で瞬間外に持ち出すロスがあったとはいえ、3着内馬に完敗。
ここで巻き返す事は想像出来ない😅

 

4枠7番アカイトリノムスメ ★★★☆☆

 

ルメール騎手が乗らなくて人気が落ちてれば買い材料はあった馬ですが、流石に人気しすぎです。

 

ディープ産駒で母アパパネとクラシックで好走する血統です。

 

3戦3勝の東京替わりは好印象ですが、この馬は決め手に欠けるタイプ。
正攻法の競馬中心ですが、ここで勝つイメージが全く沸きません。

 

桜花賞もソダシをマークする流れで明らかに力負けしました。3着内なら。

 

スポンサーリンク
4枠8番 ハギノピリナ ☆☆☆☆☆

 

ローテーションが厳しい。使い詰めで上積みにも期待できない。
速い上がりも出せず、1勝クラスからいきなりが通用する相手では無いです😅

 

5枠9番 ユーバーレーベン★★☆☆☆

 

戦績は安定しており、当然人気します。

 

気になるのが馬体重。一戦毎にどんどん減っており成長度合いが疑問。速い上がりを出せるのは魅力ですが、、、当日減っているなら消しでも良いかも。

 

何せ人気に見合ってない感じが否めない。3着ならある程度の評価。

 

5枠10番 エンスージアズム★★★★☆

 

これは人気を加味すると妙味大。
ディープ+ストームキャットの血統。

 

オークスで好走したカレンブーケドールやラヴズオンリーユーと同じ血統背景。
1600mは忙しく1800mならパフォーマンスが高いので距離延長は歓迎。

 

フラワーCで2着。ユーバーレーベンは3着。クールキャットは5着。ユーバーレーベンは3番人気。クールキャットは6番人気。エンスージアズムは15番人気。

 

えっ?マジですか?良いんですか?

 

ユーバーレーベンを買ってこれを買わない意味が分からない。

 

桜花賞で走らない理由は忙しさとローテーション。そして適性。フラワーC組は桜花賞で走らない理由がこれ。

 

抑えておく事を推奨します。

 

6枠11番 ソダシ ★★★★★

 

言う事はありません。
逆張り理論を推奨しますが、何でもかんでも逆張りする馬鹿ではありませんよ😳

 

これはほぼ確実に3着内にきます。

 

 

勝つ可能性は高いとは思いますが、血統的には距離延長は歓迎では無いです。

 

6枠12番 ミヤビハイディ☆☆☆☆☆

 

父エピファネイア母父ハーツクライ。
本格化はまだ先。ここは記念出走。

 

7枠13番ファインルージュ★★★★☆

 

単勝を買います。

 

桜花賞はフェアリーSからぶっつけ本番の3ヶ月休み明け。そしてキャリア4戦で上がり3位を出して3着。レコード決着の速い道中とロングスパートに対応。
距離延長が鍵ですが、問題無くこなすと想定してます。

 

牝系が短距離の血があるので、デビュー当初はクラシックを目指して無かったかも知れませんね😅ダンスインザダークの血もあり、父はキズナですから大丈夫。

 

折り合い付くので道中も脚は貯めれるでしょう。
スポンサーリンク
7枠14番 ストライプ ★★☆☆☆

 

1400mで実績がある馬。
桜花賞で大敗しましたが、距離適性が無いとは言えない血統背景。
ルーラーシップ産駒はそもそも中長距離の方が成績が良い傾向にあります。

 

キンカメ+サンデーですから、ここで適性見せて爆走があっても良いかも。

 

7枠15番アールドヴィーヴル★★★★☆
こちらもキンカメ+サンデー。
この馬の不安材料は馬体重。キャリア4戦目で上積みは期待出来ますが馬体が増えてこない小柄馬。
クイーンCでアカイトリノムスメに敗れてますが、直線はギュウギュウの場所からで、しんどい競馬だったのはアールドヴィーヴル。しかもキャリア2戦目で大幅馬体減でしたからね。
当日馬体減っているなら評価は下げますが、この人気なら買える1頭です。

 

8枠16番 ニーナドレス☆☆☆☆☆

 

2戦2勝なだけ。

戦ってきた相手はどれも勝ち上がっておらず、相手関係が一気に強化のここで通用しません。18番人気の能力。
キャリアが少ないので伸びしろはありますが、ここはまだ早い😅

 

8枠17番 スライリー ★☆☆☆☆

 

フローラS2着に爆走しましたがスローペースで楽に好位を取りましたからね😅

あれだけビシバシに追われてましたが、勝ち馬のクールキャットは余裕がありましたから、力差はあると思ってます。

 

8枠18番 ステラリア ★★☆☆☆

 

前走忘れな草勝ち馬はオークスで好走例が多いので人気になってます。

上がり6戦中5戦上がり最速。
オークスは上がり勝負なのでこれは好印象です。青葉賞2着のキングストーンボーイにタイム差無しの実績もあり。

 

福永騎手がこちらを選ばず川田騎手に乗り替わり。差し馬で川田騎手が好走するイメージが沸かない。大外枠が痛すぎると思ってます。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

最終結論!!

 

◎11番ソダシ

○5番クールキャット

▲13番ファインルージュ

△15番アールドヴィーヴル

△7番アカイトリノムスメ

 

 

3着限定の紐荒れ馬券になら、、、

穴1番ククナ

大穴10番エンスージアズム

大穴14番ストライプ

大穴4番タガノパッション

 

馬券は
単勝クールキャット、ファインルージュ
馬連、ワイド◎ー○▲△
3連複フォーメーション
○▲
○▲△穴
これで勝負予定です!

 

以上、全頭考察と最終予想です。

 

最後までご覧頂きありがとうございました。先週のヴィクトリアマイルに続き勝ちにいきます🧐

 

また次の記事でお会いしましょう!

 

では、また!!

ブログランキング参加中です😳

皆様の応援が励みになります😭

ポチッと応援お願い致します🙏

PVアクセスランキング にほんブログ村


中央競馬ランキング