2021 オークス(優駿牝馬)の注目点と有力馬予想!

スポンサーリンク

 

どうも!カズ馬です🐴

いよいよG1連続開催後半戦!!

先週はヴィクトリアマイルで

穴馬推奨のランブリングアレーが2着に大健闘し、本命◎グランアレグリア△マジックキャッスルとの

 

3連複、3連単を的中し大勝利!

 

これで

高松宮    負け

大阪杯    負け

桜花賞    勝ち 3連単🎯

皐月賞    負け

天皇賞春   勝ち ワイド🎯

NHKマイル  負け

ヴィクトリア 勝ち 3連単🎯3連複🎯

3勝4敗!!

連続G1開催における回収率は300%越えです😃

 

今週も的中目指して有力馬をピックアップしていきますよ〜!!

是非、最後までご覧下さいね😳

では、いってみましょう!!!

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

オークスで気になる距離適性について

 

まず、なんと言ってもオークスで気になるポイントの1位は距離適性でしょう。

基本的にこれまでの3歳牝馬重賞は1400m〜2000mがありますが、

2000mはフローラSのみ。

あとは桜花賞の前哨戦のフラワーカップの1800m程度しか無いので、蓋を開けてみないと距離適性は分からない。

 

なのですが。

 

1600m以上の経験が無い、または好走歴が無い馬でも馬券になります。

ただし、1600m以上の好走経験が無い馬で走るのは桜花賞の好走馬や、ずば抜けた実力馬のみです。

2018年は1600mしか経験が無い馬で3着内を独占しましたが

アーモンドアイ

リリーノーブル

ラッキーライラック

です。この馬達は馬券外も無く明らかに実力が抜けていました。

 

2020年、2019年は1800m以上で実績があった馬の方が占有率は高い結果となりました。

人気薄もバンバン走りましたね。

 

私の見解としては

距離適性は

①血統から推測する

②過去のレース映像から延長が有利に働きそうな内容の馬を見分ける

これぐらいしか無いと思ってます。

スポンサーリンク

 

血統から距離適性含めて狙える馬は??

 

先程の内容から実力がある馬は、距離が合わなくてもオークスでも走ります。

なので、血統で適性を見抜くなら

人気薄で好走した馬から探るべき。

では見ていきます🧐

 

結論から言うと

サンデー系+

ミスプロ系、またはミスプロの父であるレイズアネイティヴ系が激アツです。

 

2020年

2着7人気  ウインマリリン

父スクリーンヒーロー(ロベルト系)

母父ミスプロ系

レイズアネイティヴ持ち

 

3着13人気  ウインマイティー

父ゴールドシップ(サンデー系)

母父レイズアネイティヴ系

 

2019年

2着12人気 カレンブーケドール

父ディープインパクト(サンデー系)

母父ストームキャット系

レイズアネイティヴ持ち

 

2018年

4着11人気  レッドサクヤ

父ディープインパクト(サンデー系)

母父ダンジグ系

ミスプロ持ち

 

2017年

2着6人気  モズカッチャン

父ハービンジャー(ディンヒル系)

母父キングカメハメハ(ミスプロ系)

4着9人気  ディアドラ

父ハービンジャー(ディンヒル系)

母父スペシャルウィーク(サンデー系)

ミスプロ持ち

 

穴馬の爆走がある馬はほぼ同じ傾向。

 

今回サンデー系+ミスプロ系またはレイズアネイティヴ持ちの馬は、、、

 

■アールドヴィーヴル

■アカイトリノムスメ

■ウインアグライア

■エンスージアズム

■ククナ

■ストライプ

■スルーセブンシーズ

■ハギノピリナ

以上の8頭。結構多いです。

この血統馬を次は違う視点で振るいにかけていき絞ります。

スポンサーリンク

 

上がり勝負のオークス。

 

オークスは上がり勝負のレースです。

皆さんよくご存知だと思いますので割愛します。

先程の8頭で速い上がりを出せる馬はどれか?見ていきます。

 

■アールドヴィーヴル    ★★★★☆

新馬、クイーンCで共に上がり最速。

クイーンCは東京なので好印象。

桜花賞はキャリア3戦目だったので、まだ伸びしろはあるでしょう。

 

■アカイトリノムスメ ★★★★☆

東京コース3戦3勝うち2戦は上がり最速

父母共に3冠馬。忘れてはいけないのが、全兄に良い馬は居ないという事。

ジナンボーにラインベックにモクレレ。

鞍上ルメール騎手。コメントは

「乗りやすい。」

人気もするので低評価。馬券妙味はゼロ

 

■ウインアグライア ★☆☆☆☆

サンデー系とはいえ、マツリダゴッホ産駒。近年では流石に手が出ない血統。

牝系から距離延長は厳しい。フローラSでも最内枠からロス無く運んだものの、最後は伸び足欠いており少し長い印象。

速い上がりも出せない。消し評価。

 

■エンスージアズム  ★★☆☆☆

桜花賞で完全に切れ味負け。上がり勝負で勝てない。

フラワーCは最後伸びを欠いており距離延長は+には感じないです。

調教も坂路で失速ラップ。この馬も違う

 

■ククナ   ★★★★☆

正直ククナが1番気になります😳

6戦中上がり

1位3回 2位1回 3位1回

6戦中5戦上がり3位以内。

人気も恐らく10番人気以下でしょうね。

調教も古馬(アルクトス含む)相手に先着しており良い内容です。

折り合いもつき、脚質的にも距離延長は好材料では無いでしょうか?

 

■ストライプ  ★★☆☆☆

血統的には距離延長はこなせそう。1400mで好走歴ありますけどね。桜花賞は追い込みでしたが、完全に切れ負けしてるので、オークスで通用しそうではないので消し評価。

■スルーセブンシーズ ★★★☆☆

上がりは3戦全て上がり最速をマーク。ただ、自分より前の馬と大差が無い上がり最速。全て中山競馬場。

ドリームジャーニー産駒でドリームジャーニーの父はステイゴールド。

ステイゴールドはタフなレース、非根幹距離、スタミナを求められるレースで走れるので、瞬発力勝負になると分が悪いと感じます。

ミモザ賞は重馬場。オークスとは馬場が違います。(雨が降って馬場悪化すれば浮上。)母父もクロフネなので、ミモザは馬場が味方したと思います。

 

■ハギノピリナ  ★☆☆☆☆

全て阪神競馬場での出走。初の左回り、長距離輸送。距離は2200mと2400mを経験していますが、この距離で勝てないレベルなら能力不足。消し評価

スポンサーリンク

人気薄で絞れたのは2頭のみ!

 

■アールドヴィーヴル ★★★★☆

■ククナ       ★★★★☆

 

今回はこの2頭を推奨します🧐

 

■アカイトリノムスメ ★★★★☆

この馬は人気するので、、、

 

 

その他の注目馬は?

 

イチオシは

クールキャット

フローラS勝ち馬は素直に買っておきたい。東京2000mの舞台であり、牝馬3歳重賞の中では最もオークスに近い設定。

フローラSの勝ち馬は過去で

2020年  2着ウインマリリン

2019年  4着ウィクトーリア

2018年  6着サトノワルキューレ

2017年  2着モズカッチャン

2016年  2着チェッキーノ

2015年  17着シングウィズジョイ

2014年  7着サングレアル

2013年  3着デニムアンドルビー

2012年  13着レッドサマーフェア

2011年  17着バウンシーチューン

 

過去10年なら複勝率は40%あります。

過去5年なら複勝率は60%です。

明らかに適性は向くと言えると思います

 

血統もスクリーンヒーロー産駒。

スクリーンヒーローの父グラスワンダー共に中長距離に適性がある血統。

母父ダンスインザダークで

スタミナばっちりの血統。距離延長は歓迎だと思います。

フローラSは先行し4番手ながら上がり3位をマーク。最後は目一杯追われてないので、余力も感じました。

 

まとめ!!

 

◎ソダシ

○アールドヴィーヴル

▲ククナ

△クールキャット

△アカイトリノムスメ

現在の評価はこうなりました。

最終は枠も決まってからですね🤔

 

Twitterで重賞買い目もツイートしてますので是非フォローお待ちしてますね🤗

今回は以上となります😃

次の記事でお会いしましょう!ではまた

 

ブログランキング参加中です😳

皆様の応援が励みになります😭

ポチッと応援お願い致します🙏

PVアクセスランキング にほんブログ村


中央競馬ランキング