【競馬予想】2021阪神開催!!天皇賞春の有力はこの馬!

スポンサーリンク

どうも!カズ馬です🐴

今回はG1連戦一発目の

天皇賞春の特徴から有力馬を

探ってまいりました!

 

先週はフローラSの◎メイサウザンアワーはかなり自信があったのですが、惜しくも4着😭

マイラーズカップは◎ケイデンスコールが急遽鞍上変更も苦にせず勝ち切ってくれました!😳

Twitterで重賞予想もツイートしてますので是非フォローお願いします!おかげ様で、ようやく少しずつフォロワー様が増えてきました😍

Twitterはこちらから→

 

お待たせしました!

では、中身にいってみましょう!!

 

 

スポンサーリンク

最重要ポイント!コース形態から特徴を読み取るべし!

※JRA参照

1周目は外回り、2周目は内回り

2周目内回りの3コーナー半ばから直線半ばまで緩やかに下り、ゴール前で再度急坂。最後の直線距離は約360mと短い。

同競馬場の3000メートルに比べると1周目に外回りを通るぶん、前半の負荷は軽減されてスタミナや末脚の要求度は下がる。平均ペースのスピードをどこまでも持久する能力の方が要求される。

 

JRAのコース解説に亀谷さんが記載していますが、本当にこれはその通り。

瞬発力、スタミナも大事ですが、というよりも2周目の最終コーナーに入るそこそこ前から直線が短いので必ずペースが上がるという事に焦点を当てます。

ある程度前につけていなければ、短い直線では届かないコース。最終コーナーからスピードを持続させる事が出来る馬が適性が高いでしょう。

 

阪神大賞典で馬場と展開が向いた部分はあれど、圧勝を見せたのが

 

ディープボンド

 

コース適性は既に証明。

 

重たい馬場を苦にしない為、木曜日、週末の雨の心配は不要でしょう。

切れ味は無いので、京都では無く、阪神の内回りは大歓迎。やはり適性があるので、菊花賞2着のアリストテレスと逆転。

 

 

前走、トップハンデで同コースを完勝した

 

ディアスティマ

 

この馬は恐らく5〜6番人気想定ですが、前走は3勝クラスでいきなりはどうか?と疑われがち。ですが、前走のラップと勝ち時計を見て下さい。

 

松籟S  阪神芝3200m

200m400m600m800m1000m
12.9
(12.9)
24.0
(11.1)
35.1
(11.1)
47.0
(11.9)
59.4
(12.4)
1200m1400m1600m1800m2000m
1.11.8
(12.4)
1.24.1
(12.3)
1.36.6
(12.5)
1.50.1
(13.5)
2.03.1
(13.0)
2200m2400m2600m2800m3000m
2.15.0
(11.9)
2.26.9
(11.9)
2.38.8
(11.9)
2.50.8
(12.0)
3.02.3
(11.5)
3200m
3.14.9
(12.6)

 

で、こちらが阪神大賞典 阪神芝3000m

200m400m600m800m1000m
12.9
(12.9)
24.6
(11.7)
37.3
(12.7)
49.7
(12.4)
1.02.4
(12.7)
1200m1400m1600m1800m2000m
1.14.8
(12.4)
1.27.4
(12.6)
1.40.7
(13.3)
1.53.5
(12.8)
2.05.6
(12.1)
2200m2400m2600m2800m3000m
2.17.8
(12.2)
2.29.9
(12.1)
2.42.1
(12.2)
2.54.4
(12.3)
3.07.3
(12.9)

どうでしょうか?

阪神大賞典は重馬場ではありましたが、

ディアスティマが逃げて刻んだペースは非常に優秀な時計です。

ちなみに昨年のユーキャンスマイルが勝った良馬場の阪神大賞典の勝ち時計は3.03

やはりかなり優秀。

2走前も圧勝してますから勢いありますよ。これは。覚醒してます。

同コースの前走は2周目のラスト5Fから一気にペースを上げており、そのまま押し切り勝ちで、今回200m短縮ならスタミナも更に余力ありそうで、同ペースで行ければ、いきなり重賞勝ちがG1もありそうです。

 

コース形態をまとめると、

  • 今回は阪神開催で過去の天皇賞春とは全く別物。
  • 京都は外回りで直線が長い=末脚も生きるが阪神は内回りで直線が短い=末脚は必須ではない
  • 最後の5Fから一気にペースが上がる為、仕掛けどころが遅ければ好走は厳しく、前が有利
  • 最後の5Fはロングスパート。ながーーく脚を使えるタイプでないと苦しい。

 

牝馬の取捨選択

今回は牝馬から

シルバーコレクターの

カレンブーケドール

 

日経賞を前々から押し切ったオークス2着馬

ウインマリリン

この2頭が出走。

両馬ともに人気は間違いなくしますね。

 

日経賞に関しての評価ですが、

日経賞=有馬記念と同舞台=タフ

=スタミナOk

では無いと思ってます。有馬記念は冬の時期で馬場が全然違う。

 

そもそも

カレンブーケドールとウインマリリン共にこの距離が間違いなくベストではありません。

基本的に長距離は牡馬の方が牝馬よりも適性がかなり高いと言われています。

酸素を取り入れる関係上らしいですが、詳しくは知らないですけどね(笑)

過去3000m級で牝馬が出て来ていないのが証拠で条件が厳しいからです。

 

で、今回

ウインマリリンは斤量3kg増

カレンブーケドールは斤量2kg増

ウインマリリンはかなり厳しいと思いますね。距離だけでも不安な所に斤量。

枠がどこに入ろうが馬券は一切買いません!!

カレンブーケドールも消したい所ですが、過去実績の優秀さと安定した走りをするタイプで少し消しは怖い所。

 

他、人気馬の短評について

 

アリストテレス

前走は圧倒的人気を裏切る結果。

敗因は道中掛かり気味ではあったが、そこまで大きくは掛かっておらず、馬場が向いて無かった可能性が高い。

AJCCの不良馬場で勝ったもんだから適性がある!と思われたと思いますが、やはりあの結果は重たい馬場は向いてない。

またはそもそも長距離がベストではないと見た方が良いかも知れません。

菊花賞は外回りで末脚を活かせますが、今回はどうでしょうか?

天皇賞が大の得意ルメール騎手。

わざわざ消す必要はないですが、飛んでも何ら不思議なく軸には出来ない1頭でしょう。

 

ユーキャンスマイル

ジャパンカップ、有馬記念での凡走から

一度リフレッシュさせ、得意の阪神大賞典で復調。ディープボンドに完敗はしましたが力関係はまだ決まってない1頭かなと。

斤量差も1kgとはいえ、ありましたし馬場も悪く休み明け。騎手も急遽乗り替わり。

条件が少し悪い中、2着まで来れる所も加味するとやはり阪神3000mの適性は高い。

天皇賞春では4着、5着と結果を残せていない馬ですが、相手が例年に比べ弱体化し、今年は得意の阪神なら怖い1頭でしょう。

 

ワールドプレミア

11ヶ月の休み明けであったジャパンカップの大敗を除くと、中長距離で素晴らしい安定感を見せる馬だけに、ここも買いの1頭。

決め手に欠けるタイプでなので、勝つことは無さそうと考えてますね。

 

オーソリティ

これは、かなりの素質馬だと思ってます。ですが、ベストは直線が長いコースだと思うので今回は初の阪神コース。直線も短い。ベストは中距離。抑えぐらいまでか。

 

ナムラドノヴァン

これは穴人気するタイプですね。恐らく3連系の馬券に絡める人が多いと思いますね。

前走、前々走は買いの1頭でしたが、今回は見送り。レース間隔も詰まってきており、調教も前走より出来落ちに見えた。

 

まとめ

 

現段階でいえば

 

◎ディープボンド

○ディアスティマ

▲ユーキャンスマイル

△ワールドプレミア

抑え

アリストテレス

オーソリティ

カレンブーケドール

馬券は◎○▲中心に行きたい所。

 

今回は以上になります!

阪神開催なので過去データは使えませんので、このコース形態を読み解く事が馬券的中の必須だと思います!

Twitterで最終見解ツイートしますので是非フォローお願いしますね😍

では、また!!

 

ブログランキング参加中です🤗

皆様の応援が励みになります😭

ポチッと応援お願いします🙏

PVアクセスランキング にほんブログ村


中央競馬ランキング