【予想】2021フローラSの特徴、狙い目はこれ!

スポンサーリンク

どうも!カズ馬です🐴

今回は3歳牝馬、オークストライアルの

フローラSの分析を記事にしております😊

 

直近の予想ですが、、、

 

絶好調のカズ馬!!

 

皐月賞

◎6番人気  ステラヴェローチェ→3着

アーリントンC

◎1番人気  ホウオウアマゾン→1着

○7番人気  レイモンドバローズ→3着

桜花賞

◎1番人気  サトノレイナス→2着

☆8番人気  ファインルージュ→3着

阪神牝馬S

◎2番人気  マジックキャッスル→2着

○8番人気  ドナウデルタ→3着

 

この流れで、ここも取りに行きますよ🧐

Twitterで重賞最終見解もツイートしてますので是非フォローお願いしますね😍

Twitterはこちらからです→

お待たせしました!

では、いってみましょう!!

 

スポンサーリンク

まずは舞台確認から!

※JRA参照

東京・芝2000メートル

この舞台は2コーナーまでの距離が短い。

外めを通らされると距離のロスが大きい。

向正面半ばに上り坂があり、そこから3コーナーにかけて下り。直線は525mと長い。

直線に向いてすぐ約160メートルの上り(高低差2.0メートル)があり、ゴールまでの残り約300メートルはほぼ平坦。

坂を上った後に、ゴール前でもう一度末脚を伸ばすことが求められるタフなコース。

レース前半を器用に立ち回ることができて、直線でより速い末脚を発揮する能力、タフなコースを押し切るだけの体力を持つ馬が好走しやすい。

 

枠はかなり重要!

過去10年では

1〜4枠 8-6-5-61 連17.5%複23.8%

5〜8枠 2-4-5-84 連6.3%  複11.6%

 

データは取るまでも無いのですが、、、

これは当然。何故か分からない場合は、最初のコース形態を見て下さい。

スタートして直ぐにコーナーを迎えますから外枠の先行馬はかなりの不利を受けます

内枠の馬は逆にロスなく立ち回れます。

取捨に迷ったら枠を思い出してみては?

 

位置取りはここ!

過去3着内に入った馬の最終コーナーの位置取りを確認して、脚質の有利不利を見て行きますよ。

2020(良)ペースM    1着⑤      2着⑤   3着⑧

2019(良)ペースS  1着11  2着⑦   3着①

2018(良)ペースS  1着14  2着③   3着②

2017(良)ペースS  1着⑧  2着②   3着③

2016(良)ペースM       1着⑧  2着⑦   3着⑧

 

ペースはスロー〜ミドルまで。

開幕周ながらも差し追い込みが決まる。

前々の馬は粘り込みあるが、最終的に差し馬に目標にされやすく勝てない。といった感じ。

 

勝ち馬は差し馬から狙いたいですね。

追い込み馬も2勝していますが、基本的には後ろ過ぎると流石に届きませんから、中団くらいで競馬をするタイプが望ましい。

 

上がりの速さは必要か?

2020 1着8番手から    上がり2位  前走1位

2着5番手から 上がり2位  前走8位

3着8番手から 上がり1位  前走1位

 

2019 1着11番手から  上がり1位 前走1位

2着7番手から 上がり2位 前走2位

3着1番手から 上がり13位  前走8位

 

2018 1着14番手から  上がり1位 前走2位

2着3番手から 上がり6位 前走3位

3着2番手から 上がり8位    前走6位

 

2017 1着8番手から 上がり1位 前走6位

2着2番手から  上がり9位   前走7位

3着3番手から 上がり3位 前走4位

 

2016 1着8番手から 上がり1位 前走1位

2着7番手から 上がり4位 前走2位

3着8番手から 上がり4位 前走7位

 

上がり最速の馬は5年で見ると馬券に必ず絡んでいる事から上がり勝負になりやすい。

また、先行馬で馬券に絡んでいる馬の多くはキャリアの中で速い上がりを出している馬が多い。

東京=瞬発力の意識が恐らく皆さん強いので、穴馬は先行馬から狙ってみたいです。

土曜日の馬場状態で変わりますがね。

前が簡単に止まらないのでは無いかな?

 

ローテーションでは無くキャリアを見る

 

キャリア2戦目、3戦目の馬は壊滅的に厳しいデータがありますが、キャリアの多い馬の方がやはり経験値は高く、立ち回りにおいて有利と言えます。

特に少頭数しか経験がない馬はやはり、多頭数になる重賞では大きなマイナス材料になります。

 

近年優秀なのがキャリア4戦目でフローラSに挑む馬です。

穴を開けているのが7戦目、8戦目といった経験豊富な馬です。

 

血統は間違いなく欧州型が強い

 

東京=瞬発力=サンデー系、ディープ

と思われがちですが、フローラSの舞台は瞬発力よりもスタミナ、馬力、タフさが求められる舞台です。

 

上がり3Fのタイムは平均すると35.0秒程度になってますからね。ここがポイントです。

当然上がり最速馬は馬券に多く絡んでいるのですが、失速せずに最後の直線を伸び切れるのが

 

欧州型です。

 

特に狙い目は間違いなく

 

ミスプロ系。

 

ディンヒル系も抑えておきたい所です。

 

狙い目のまとめ

  • 枠は内枠がかなり有利
  • スタミナ、タフさや距離適性が必要。2000mを経験していれば尚よし
  • 先行しつつ速い上がりも出せる馬
  • 欧州型、ミスプロ系を内包している馬
  • キャリアが4戦以上あり多頭数も経験済み

 

現段階の有利候補として、まずは

 

メイサウザンアワー

母父キングカメハメハ。

父はノヴェリストで中長距離にも適性があるタイプ。

キャリアも4戦目で新馬戦、2戦目で多頭数も経験クリア。

2戦目は非根幹距離の中山1800m稍重で完勝しておりタフさもスタミナもある。

先行タイプながら3戦全て上がり2位以内で粘り込みに期待できる。

前走赤松賞2着も勝ち馬は桜花賞4着のアカイトリノムスメ。能力の裏付けもクリア。

想定オッズでは7,8番人気ぐらいで、そのままバレずに人気薄で頼みます!!(笑)

 

 

他には

 

パープルレディー

東京での実績、経験値は最上位。差し中心だが上がりも4戦中3回最速をだしており、先行しても勝ってる馬。自在性も高く、これも人気薄みたいですね。

 

ユーバーレーベン

クールキャット、オヌールが上位人気想定ですが、明らかにこの馬が1枚抜けていますね。

新馬戦は不良馬場で脚を取られてましたが勝ち切ってますし、相手関係が一気に弱体化するここは経験値に期待。

ただ、この馬はスタートがあまり上手くないので、軸にはしたく無いですが😅

クールキャットもスタート悪い🤔

 

と、今回はここまでです😊

なかなか荒れるレースですからね〜。

楽しみです😍ここでしっかり勝って天皇賞に繋げて行きたいと思います!

次の記事でお会いしましょう!

では、また!!

 

ブログランキング参加中です🤗

皆様の応援が励みになります〜😭

ポチッと応援お願いします🙏🙏

PVアクセスランキング にほんブログ村


競馬ランキング