2021桜花賞 最終結論!軸馬は?

スポンサーリンク

 

どうも!カズ馬です!

 

今回は桜花賞の最終結論をお届け!

 

阪神牝馬Sは穴馬推奨のと

ドナウデルタが3着👏

中山最終もワイド1点5倍をゲットで大幅プラス収支!!

Twitterのフォローで推奨馬挙げてますので是非!!こちらから→

では、いってみましょう!!

 

 

スポンサーリンク

最終結論

どの馬にも十分チャンスあり!!

波乱もあり得る見解です。

しかし、軸馬として

 

サトノレイナス

を選定しました!

理由はこちらの事前予想からも!

https://yokkazu.com/2021/04/08/post-332/

阪神JFからの直行ローテーションが不安な2頭だと思いますが、サトノレイナスは休み明けで阪神JFを2着に入ったように、休み明けは問題無いでしょう。

桜花賞は恐らくレコードクラスの時計決着になる馬場と展開と想定しており、速い末脚+持続力を求められます。

この馬は阪神JFでも中団から速い上がりをマークして、一旦は先頭に立っています。

キャリアも4戦目で上積みにもまだまだ期待できる馬です。

大外枠で、ストレス無く走れる為、包まれたり不利を受ける心配もありません。

騎手もルメール騎手が継続騎乗で、騎乗ミスも考えられず、阪神JFの雪辱に期待しています。

血統も高速馬場に対応でき、上がり勝負にも強いディープインパクト産駒。

文句の付け所が無い、自信の本命としました!

 

○メイケイエール

ここは一発にかける!

これまで折り合いを欠きまくる馬ですが全て好走しています。

折り合いを付ければ化け物の可能性もあり今回は横山騎手が逃がして単騎逃げも想定すると、粘り込みが期待できる。

前走チューリップ賞はレースレベルは高くないものの、やはりローテーションは1番合っています。

武豊騎手の乗り替わりは

ユーキャンスマイル

レシステンシア

ワールドプレミアなど

好走馬が多く、やはり良い馬に騎乗している騎手なのでしょう。

素質はまだまだ未知だと思います。

 

▲アールドヴィーヴル

本番がキャリア3戦目。

新馬戦と前走は全く異なる舞台でも、まとめてくるセンスと能力を評価しました。

 

△ソダシ

直行ローテーションに不安。

桜花賞、オークス、秋華賞と3冠できる馬とは思えない。

血統的にはダート馬と思わせるような配合ですから、速い時計になれば分が悪いでしょう。恐らく、先行早め抜け出しを狙いますが、マークしている馬に差されて2.3着、または圏外の予想。

△ソングライン

前走はオープンクラスも2戦連続の圧勝。人気しているので、妙味は感じにくい。

 

△エリザベスタワー

前走チューリップ賞組のローテーションと鞍上か絶好の川田騎手。抑えておくべき。

 

馬券は全て◎のサトノレイナスから

流す形で勝負したいと思います。

 

ここを取って皐月賞に繋げたいと思いますね!

 

以上です!

では、当日のレースを楽しみましょう!

 

ブログランキング参加中です😀

皆様の応援が励みになります😊

ポチッと応援お願いします🙏

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

競馬ランキング