【競馬重賞予想】2021年G1大阪杯で狙いたい馬とは?特徴はこれ!

スポンサーリンク

 

どうも!カズ馬です🐴

 

今回はG1大阪杯で狙いたい馬、予想をしてまいります!

ここ最近ブログ更新が停滞してますので、G1も続きますので、頑張って更新していきます😭

 

大阪杯で狙いたい馬の特徴、好走に期待できる馬のポイントについて分かり易く要点を抑えて考察していきます!!

 

阪神芝2000mの特徴、狙いたい馬はこちらでも考察していますので、是非どうぞ!

阪神芝2000mの狙い目はこちら

【競馬】阪神芝2000mで狙いたい馬とは?特徴はこれ!

是非、参考にして頂き馬券的中に役立てて頂ければと思います🧐

Twitterで重賞予想も呟いてます。フォロー大歓迎です😊→こちらからどうぞ

 

では、早速いってみましょう!!

 

スポンサーリンク

阪神芝2000mのコース形態から

※JRA参照

 

阪神芝2000mは内回りコースで行われます。

コース形態として

スタートしてから、すぐに坂が待ち構えコーナーは4回。3コーナーから緩やかに下り、最後の直線はおよそ350m。

 

下り坂を利用して3コーナーを過ぎたあたりから一気にペースが上がります。基本的には、明らかに前が有利な展開になりやすいコースです。

 

差し追い込み馬のように早い上がりをだしても届かず何とか3着、、、が目立ちます。

前目の競馬から持続力でそのまま押し切るのが王道と思って頂いて良いと思います。

こうなる理由ですが、やはりコース形態から最後の直線が350mであることが大きい。

また、ラップを見ると分かりやすいのですが緩やかに下りながら第4コーナーに入り最後の直線に入るのでペースが落ちにくいです。

これは2020年の大阪杯(G1)のラップです。

200m400m600m800m1000m
12.9
(12.9)
24.6
(11.7)
36.9
(12.3)
48.8
(11.9)
1.00.4
(11.6)
1200m1400m1600m1800m2000m
1.12.5
(12.1)
1.24.2
(11.7)
1.35.5
(11.3)
1.46.7
(11.2)
1.58.4
(11.7)

結果は最終コーナー5番手以内の馬で3着内を独占。上がり最速馬は12番手からで届かず4着。上がり2位の脚を使っても8番手からで5着でした。

 

 

次に同舞台の2020年チャレンジカップのラップ。

200m400m600m800m1000m
12.8
(12.8)
24.5
(11.7)
37.3
(12.8)
50.1
(12.8)
1.02.0
(11.9)
1200m1400m1600m1800m2000m
1.14.1
(12.1)
1.25.5
(11.4)
1.36.6
(11.1)
1.48.0
(11.4)
1.59.9
(11.9)

結果は最終コーナー6番手以内の馬で3着内を独占。上がり2位でも後方からでは4着。

 

ラップが示すように5Fを過ぎたあたりからペースが上がります。5Fまではほぼ間違いなくスローペースになる舞台。

やはり最後の4コーナーである程度前につけていなければ、鋭い末脚を持っていても届かない訳ですね🧐

むしろ5番手以内くらいで無いと苦しく頭は厳しいと捉えて良いでしょう。

 

ここまで前が有利と考察してきましたが、阪神芝2000mでは、下級戦も含めると逃げ馬の成績はなんと複勝率46%もあります。

圧倒的前有利。この認識を持つ事が馬券的中の第1ステップですので必ず覚えておきましょう!

好走が期待できる血統は?

 

まずは、そもそもどんな馬が適性があるのか?について。

先程記載した通り、スローペース濃厚で、直線に入っても下り坂を利用しているので脚は中々鈍りません。直線は短い為、前にさえ付けていれば瞬発力は絶対に必要という訳ではありません。

瞬発力も必要ですが持続力も必要な舞台。

最後の200m付近では急坂もあります。

 

スピードだけでは駄目。

スタミナだけでも駄目。

必要なのは併せ持つ事です。

 

 

で、狙いたいのがスピードの代表格

父または母父がディープインパクト。

そして米国型、ミスプロ系との組み合わせを狙ってみて下さい。

スタミナやタフさが活きてきます。

 

基本的には日本の主流血統が走りやすい舞台です。(サンデー系)

 

ちなみに距離適性ですが、マイルぐらいの実績程度でもスタミナは持ちやすいです。

ペースはスローペース。

落ち着きやすい為。

好走する馬の特徴として

有名で認知はあると思いますが、はっきりと結果が出ているのが

クラシックで実績がある馬

更に2000m以上のクラシックで好走歴がある馬は、かなり適性に期待できる

 

大阪杯がG1に昇格してからの4年を紐解いていくと、、、

2020年 

1着ラッキーライラック

桜花賞1着オークス3着

2着クロノジェネシス

桜花賞3着オークス3着秋華賞1着

3着ダノンキングリー

皐月賞3着ダービー2着

 

2019年

1着アルアイン

皐月賞1着

2着キセキ

菊花賞1着

3着ワグネリアン

ダービー1着

 

2018年

1着スワーヴリチャード

ダービー2着

2着ペルシアンナイト

皐月賞2着

3着アルアイン(2019年勝ち馬でリピーター)

皐月賞1着

 

2017年

1着キタサンブラック

皐月賞3着菊花賞1着

2着ステファノス

皐月賞5着→皐月賞で3着内は入れずも天皇賞秋で2着、3着の実績あり。

3着ヤマカツエース

クラシック参戦無しだが、2000mの重賞で4勝の実績あり。

この結果から、クラシックの2000m以上で好走実績がある馬が独占しています。

クラシック=日本の主流血統が走りやすい舞台で、末脚+持続力のある馬が走りやすい。

大阪杯は適性が2000m以上のクラシックに近いと言えると思います🤔

 

ここまでをまとめ

  • 脚質は前の馬から
  • 出来れば最終コーナー6番手以内がベスト
  • 逃げ馬の複勝率は46%(勝率も20%)
  • 速い上がりを出せても後方は届きにくい
  • 持続力+瞬発力が必要
  • ペースは間違いなくスローペース
  • 距離の適性が1600m程度でもスローペースでゆったり流れスタミナは持ちやすい
  • 2000m以上のクラシック好走歴は激アツ

 

有力馬の考察!

でわでわ。お待たせしました。ここから予想に入っていきます🐴

 

 

グランアレグリア

恐らく2番人気想定。

言わずとも絶対能力の高さは現役No.1。

距離が長いのでは?という見解も良く見かけますが、このレースはスローペースで流れる為、距離に関しては持つと思います。

ただ、流石に初の2000mでマイル以上を使われていない馬です。適性があるならオークス、秋華賞を使うはず。

正直、スプリント、マイル、中距離と欲張り過ぎかと、、、

前が圧倒的有利な舞台で位置取りをルメール騎手がどう取るかが大きなポイントですが、仮に6番手以降になってしまうと、恐らく頭は届かないと思います。

ルメール騎手は大阪杯自体に騎乗が少なく不安材料は残りますし、全体成績の中でも得意舞台とは言えないでしょう。

また、前走がマイルの馬は成績不振で、ここは絶好とは言えない条件。

前走マイル組は過去10年で0-0-0-5です。

トータルを考えれば、本命には出来ません

下手すれば馬券外も想定。

印は3番手に留めておきます。

 

コントレイル

こちらも無敗の3冠を達成した4歳最強の馬です。オッズは単勝1倍台でしょう。

これまでの脚質も先行中心で、前で競馬をしながらも速い上がりを長く使えるタイプだけに、阪神経験は新馬戦の1800mのみですが適性はかなり高いと判断します。

鞍上の福永騎手も得意舞台で

2019年は5番人気ワグネリアン3着

2018年は6番人気ペルシアンナイト2着

と人気薄の馬でも好走出来ており、過去3年の同コースでは複勝率38.6%とトップ。

2000m以上のクラシックを全勝ですから、適性が高いと最も評価しやすい。

正直この馬が勝つと見込んでます。

本命はコントレイルです!!

 

サリオス

前走のマイルCSはグランアレグリアに完敗でしたが、大外枠、後方からの競馬で流石に届かない位置から競馬をされてしまい、見限るのは早計だと思います。

2000m以上のクラシックである皐月賞、ダービーでもコントレイルに力負けしましたが、共に2着。力は示しています。1600m朝日杯FSでは当時のレコードをマークしています。

血統はハーツクライ産駒で晩成タイプが多く、まだまだ成長の余地もある馬では無いでしょうか?

馬体も500kgを越える馬で、パワーがあり、急坂も苦にしないタイプです。

なにより基本的には先行脚質がベストで前から正攻法の競馬が出来るのが強み。

コントレイルを負かす可能性も、、、と非常に怖い1頭です。

印は期待も込めて対抗です!

 

レイパパレ

無傷の5連勝。前走は4連勝で迎えた初重賞初制覇。

こういう昇り馬は怖い存在ですが、、、

ここはバッサリと馬券を切ります。

まぁ3着固定なら何とかぐらいまで。

理由として

  • クラシック経験が無し
  • 相手関係の強化一気
  • 前走からの斤量増で初めての55kg
  • 同舞台のチャレンジCの時計もイマイチ
  • 馬体重が軽すぎてパワーが足りない

買える材料は好調とコース実績がある川田騎手が乗るというぐらい。

買うなら3連単3着までではないでしょうか

 

ワグネリアン

2020年5着 2019年3着と大阪杯での適性はあると思います。

ダービー1着馬ですので。

 

この馬が不振に陥る要因は基本的に

ローテーションだと思います。

休み明けは、どちらかと言うとパフォーマンスを落とすタイプ。

前走も約7ヶ月ぶりで、ノドの手術明けで調教も軽めでした。今回は一杯に追われており穴の気配がします。

今回は上積みに期待できるローテーションで前走も気配は良かったので、まだ終わっていないと思ってます。

流石に頭は無いでしょうし、3着候補でしょうか。

印は4番手です。

 

最後に

ペルシアンナイト

皐月賞2着、大阪杯2着の実績あり。

下り坂を利用しての京都が得意で、ここも急坂以外は類似。当日時計が出やすい軽い馬場なら、少し手を出しておきたい超穴馬で。

 

以上、大阪杯で狙いたい馬、好走しやすい馬について記載致しました。

結構ポイントは抑えやすく、割と予想の難易度は高くない舞台です🤔

是非、参考にして頂き馬券的中のお手伝いに繋がればと思います🤗

今回は以上です。では、また!!

 

ブログランキング参加中です😄

皆様の応援が励みになります😭

ポチッと応援お願いします🙏
PVアクセスランキング にほんブログ村


競馬ランキング