2021 フェブラリーステークスここは抑えておきたいデータとは?

スポンサーリンク

 

どうも!カズ馬です!

 

さぁいよいよ2021年一発目のG1が

今週末に開催されますね😃

初戦を的中させ、春に繋げていきたいと思います🤔

さて、今回は好走ポイント、凡走ポイントを過去データからご紹介して参ります🐴

今年は抜けた馬もおらず、馬券を絞りにくいメンバー構成ですが、注目馬は果たして!?

 

是非、最後までご覧頂ければ幸いです🤭

 

では!いってみましょう!

 

スポンサーリンク

コース形態と枠別成績

まず、コース形態ですが、皆様ご存知かと思いますが、東京ダ1600mは芝スタートの特殊なコースです。

スタート後は芝ですが、外枠の方が芝部分が長く内枠と外枠で約30m差があります。

これがこのコースで抑えておきたいポイントですね🧐

枠別成績では過去10年で

1枠 1-0-0-8  複勝率11.1%

2枠 2-1-2-14  複勝率26.3%

3枠 0-2-2-16  複勝率20.0%

4枠 1-0-0-18  複勝率5.2%

5枠 0-1-5-15  複勝率28.5%

6枠 3-0-1-16  複勝率20.0%

7枠 2-3-0-15  複勝率25.0%

8枠 1-2-0-17  複勝率15.0%

 

枠は5枠から外が優勢となっています。

芝部分がやはり影響していると思います。

迷ったら枠で取捨選択もあり。

 

人気別成績

このレースでは1番人気の好走が目立つレースです。というのも、かなり抜けた実績馬がいる、もしくは大連勝を続けた馬が好走というパターンです。

僕は人気別成績を全くあてにしないので、どういった馬が好走、凡走しているかだけを見ます。

 

特に2番人気が複勝率過去10年で90%。

こういうデータは本当に胡散臭い(笑)

10番人気の勝率が50%とかなら妙味で飛び込みます(笑)

人気馬=負けている人達が注目している馬なので、そこから馬券に入ると負け組に入る事になりますし、オッズ妙味はありませんからね😂

素直に能力、条件が合っていると判断すれば当然買いますよ😅

今回なら

カフェファラオ

レッドルゼルでしょうね。

 

、、、この2頭はどうでしょうか?

 

実績は抜けてませんし、登り調子の旬真っ盛りとは言えない馬ですから、今年は傾向が違うかも、、、と見ています。

軸で今回は悩みそうなメンバーばかりで、どの馬も信頼性が低い。データ的には強い所は出てるけど怖いな、、、と多くの人が考えてませんかね(笑)

 

当日上がり別成績

ここがかなりの有力データです。

当日上がり1位 2-5-3-2 複勝率83.3%

当日上がり2位 1-1-2-5 複勝率44.4%

当日上がり3位 3-0-4-4 複勝率63.6%

明らかに末脚の速さが好走に直結しています。というのも、東京ダ1600mは直線が最も長いコースで当然、差しが決まりやすくなります🐴

ダートと言えば逃げ先行が圧倒的に有利なのですが、このコースに限っては前の馬にとってはタフな展開になるからです🤔

 

その証拠に上がり6位以下の成績は

0-1-0-98  壊滅データです🤣

早い上がりを出せない、出したことが無い馬はかなり危険です。

前で競馬をする馬は持続力のある馬から狙うと良いでしょう。

アルクトス、ワイドファラオ、インティも昨年前から失速して馬券外。一昨年はインティが逃げて上がり3位で勝ちましたが全盛期7連勝で迎えたあの頃ですからね。

 

早い上がりを出せそうなのが

 

サンライズノヴァ

 

同舞台の武蔵野Sを3戦2勝で共に上がり最速。1回大敗してますが、先行させるという騎乗ミス。昨年のフェブラリーも3着。

 

あとはワンダーリーデル、レッドルゼルくらいか。

 

このまま次は脚質別いきましょうか!

 

脚質別成績

逃げ 2-0-0-8

先行 3-2-0-31

差し 3-5-7-45

追い 2-3-3-44

 

逃げて勝ったのは

インティとトランセンド

共に絶頂期。余程の馬でないと逃げは通用しない😫

そして今回は先行争いが激化しそうなメンバー構成。更に前がきつい展開になるか。

 

前走レース別成績

 

根岸S    4-2-2-48

東海S    3-1-3-13

チャンピオン 1-2-1-5

JCダート  1-0-1-4

 

1400m 4-2-2-56

1600m  0-0-1-7

1800m 6-3-3-31

2000m 0-2-3-13

2100m 0-3-1-12

 

前走からの距離短縮組が明らかに好走例が多いです。

これはコースの特性上、長い直線でのロンスパにおいて、タフ差も必6必要。1600m以上でも好走できるスタミナが望ましい。

上がりでは早い脚を出せる馬が好走していましたが、1800m以上でも好走できる。という事は忘れてはいけません🧐

 

今回はレッドルゼルがどうか?ですね。

 

折り合いでカバーや問題無いと囁かれていますが、どこに根拠があるのでしょうか?

 

ちなみに過去3着内に好走した馬で1600m以上走った事が無い馬は馬券内に入った事がありません。

 

確かに末脚、折り合い、安定感は抜群です。ただ、不安材料としては怖い所で、軸には出来ないのでは無いでしょうか?このレースで見極めてあっさり勝つなら今後は軸で買う。それならでも遅くないです。

 

根岸S 1着   3-1-1-3  複勝率62.5%

根岸S 3着以内 4-2-2-16   複勝率33.3%

レッドルゼル、ワンダーリーデルが該当

レッドルゼルが人気するのは必然。

ですが、妙味は無し。不安も大きい。

ワンダーリーデルは恐らくここも人気薄。上がりも早い脚を出せるので妙味はこちらは、かなりある😳

 

東海S 1着 3-0-1-2  複勝率66.6%

オーヴェルニュが該当。

レッドルゼルよりも人気が落ちるこちらに妙味はあります。

距離短縮組です。

不安材料は

東京1600mには向かない可能性が高い事。

先行タイプで展開はきつい。早い上がりもオープンクラスのみ。メンバー強化。足抜きの良い馬場で好走例が多く、今回はどうか?軸の信頼までは、、、

 

現状有力馬

 

サンライズノヴァ

 

この馬をピックアップ。

上がりは早い脚を出せる

同舞台での適性◎

今回はメンバー手薄

斤量も同条件

調教も近走ならベスト

人気も5番人気くらいで妙味あり

 

血統適性もある。ゴールドアリュール産駒はサンデー系でもDサンデー系。ダートで早い脚を出せる典型例。過去データからも東京1600mは他コースよりも好走例が高く納得。

一昨年大敗もスタートが良すぎて先行させた事が原因で昨年の3着が何よりの証拠。

内枠に入らない限り本命予定🤓

ここは自信度は高め。

 

以上、過去データ分析と中間予想でした!

 

ご参考になりましたでしょうか?

皆様の的中のお役に立てれば幸いです。

 

では、また!

 

ブログランキング参加中🤗

皆様の応援が励みになります😭

ポチッと応援お願いします🙏
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村